吾妻君彌 根津日本舞踊勉強会

6月30日に開催された、吾妻君彌 根津日本舞踊勉強会が無事に終わりました!!

 

ご来場のお客様、ありがとうございました。

 

 

舞台稽古の様子。

 

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という感じのポジションです😜

 

 

 

長唄「雨の四季」

 

江戸の情緒をうたいこんだ素踊りです。

しじみ売り、芸者、子供、居合抜きの達人、頭、手古舞、ひょっとこなど、多くの登場人物が出てきますので、それを一人で踊り分けるところも見所の一つです。

歌詞や演奏からは、雨の様々な様子も伝わります。

 

着物は、根津駅前にある多古やさんで染めて仕立てていただいたものです。

シンデレラのドレスの色みたいと言われるくらい綺麗な色でした👗💕

 

 

 

大和楽「おせん」

 

江戸の三大美人 笠森おせんの絵を、舞踊に移した作品です。

これも江戸の風情と、行水後のおせんの爽やかな色気を描きます。

 

 

今回の作品は、どちらも江戸の情緒と人を表現し、作品も昭和以降にできた新しいものでした。

 

根津の勉強会は、年に1〜2回を考えています。

ですので今年はもう終わりですが、来年にまた企画をしようと思います!!

 

今後とも宜しくお願いします🍀

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です